龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2016.06.20
  • イベント報告
  • 全国会

タイガーマスク基金からの感謝状について(日程:2016.6.6)文責:政調会長・総務局次長 細川正博

表記の件についてご報告をさせていただきます。

児童養護施設の子供たちへの進学支援などを行っている「タイガーマスク基金」の代表理事である安藤哲也氏に本年度の総会後の研修会にて講師をしていただきました。

安藤哲也氏

社会的養護の課題と展望についてのご講義を受け、我々も今後はこのような問題への取組みをしていく必要があると感じました。

このご講義の際に、安藤さんが熊本地震にて被害を受けた熊本県内の児童養護施設に向けて支援金を募っておられました。
後日開かれた役員会で話し合いをもち、この度の講演のお礼の意味も込めて、タイガーマスク基金を通じて当該支援金への寄附を龍馬プロジェクトから行いました。

上記のような経緯で熊本県内の児童養護施設向けに本会から支援金をお届けしたところ、6月6日に安藤哲也氏が直々に感謝状を贈呈しに来てくださいました。

感謝状贈呈

安藤哲也氏はNPO法人ファザーリング・ジャパンの代表理事でもあり、イクメンやイクボスなどの言葉を使いながら、男性の育児参加や長時間労働の是正の必要性などを全国で訴えている方です。

社会的養護が必要な子供たちを減らしていくこと、児童虐待を防止していくこと、このような問題へ根本から取り組むためには、家庭への支援が必要になります。
夫婦で行うのが子育てなのに、お母さんのみに行わせている家庭が多い現状があり、それを是とする社会があります。

このような意識から変えていく必要がある、というのが安藤氏の考えであり、笑っている父親を増やそうとしているファザーリング・ジャパンの活動目的もここにあるといえます。

同じ日にご講演頂いた、児童虐待の問題などに取り組む辻由起子氏も同じようなことをご指摘なさっています。

辻由起子氏

少子化の原因は保育所の数が足りないからなのでしょうか?経済的な困難の問題なのでしょうか?
私は違うと思っています。
子を産み育てる喜びを親が感じるとともに、我が国の未来を担っていく子供たちの成長を社会が応援する。
こういった意識の変革が正に必要なのだと考えています。

我々があまり意識してこなかった視点を加えてくださった安藤哲也氏、辻由起子氏へ感謝をいたします。

<関連リンク>
タイガーマスク基金
http://www.tigermask-fund.jp/
NPO法人ファザーリング・ジャパン
http://fathering.jp/

文責:政調会長・総務局次長 細川正博

PAGE TOP