龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2014.06.25
  • イベント報告

東海ブロック 第1回東海龍馬塾(開催日:25.3.8)文責:藤井浩人

東海ブロック 第1回東海龍馬塾(開催日:25.3.8)文責:藤井浩人

東海ブロック 第1回東海龍馬塾(開催日:25.3.8)文責:藤井浩人(美濃加茂市議会議員)

皇學館大学教授、松浦光修先生を講師に御招きし、

「日本人の心の歴史を学ぶ」と題して

全5回(第2回目は5月17日)講義を開催しています。

今回は、第1回「日本の心 神代、皇室、神宮」をテーマに、約2時間の講義をいただきました。

_____

写真.JPG

 

「この世に神は存在するのか?」

「居ないと、なぜ言い切ることができるのか」

見えるものしか信じないのは、唯物主義。

唯物主義により、物、お金、数字でしか、価値を評価できなくなってしまった。

それにより、心を病んでいる日本人がいかに多いことか。

神仏や人智を超えた存在を信じられなくなれば、命の大切さもわからない。

日本には神代の物語があった。

どの文明にも神話がある。(神話という言い方も問題である)

しかし、今にまで続く神話は日本だけである。

ギリシアの神殿は廃墟だが、日本の神社は今でも利用されている。

その中心が伊勢神宮。

祈りを続けてくださっているのは天皇陛下。

しかし、教育ではそのことを教えていない。

無償の愛で祈りを続けている存在が、

日本にはあることを誇りに思い、

その思いに応える日本人らしい生き方をするべきではないか。

日本人として世のために自分にできることを考え、実行すべきではないか。
_____

講義の後の懇親会においても、

今回のテーマについて先生、参加者の間で熱い討論が行われました。

次回は5月17日「楠公精神」です。

文責:藤井浩人(美濃加茂市議会議員)

PAGE TOP