龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2012.08.27
  • イベント報告

関西ブロック 和歌山視察&キャラバン(開催日24.07.25~26)文責:丹羽直子

関西ブロック 和歌山視察&キャラバン(開催日24.07.25~26)文責:丹羽直子

関西ブロック 和歌山視察&キャラバン(開催日24.07.25~26)文責:丹羽直子

関西ブロックでは初の和歌山視察&キャラバンを開催しました。

13時和歌山駅に集合し、日前宮を参拝。

14時15分片男波地区における防災活動について片男波自治会館にて片男波自主防災会会長である
玉置成夫氏から、地域での要援護者への取り組みと防災意識の確立の説明。

防災意識立ち上げの始まりは平成17年2月高齢者率が高いので災害時における支援活動について
自治会として何ができるのか検討会を開催し4月に設立。

自分の命は自分で守るという基本認識を地域の意識高揚そして住民同士の交流の図る事が最も大切であり、
その為に地域住民の親睦と連携を図り関係機関との連携を強く、モデル事業の推進、
災害時要援護者のリスト登録、自主防災組織の役割とは共助を育み公助を補う事の講話を聴き意見交換しました。

15時45分和歌山県防災センターにて防災課班長酒井氏から災害対策実施の拠点でありシステムの全機能を統制、
制御する中核施設で災害対策本部室、防災対策室、ヘリポートシステム等を備えスムーズに活動を行え、
また夜間・休日には防災当直室に職員が待機し災害に速やかな対応が出来るようになり、
システムの主な設備は衛星通信機器、ネットワーク機器、各種サーバー、多重無線装置及び電源装置で構成され
迅速な対応を行う和歌山県総合防災情報システムについての説明と意見交換しました。

18時和歌山割烹「ちひろ」にて和歌山キャラバン決行。
市議会町議会7名、一般5名の参加
日前宮禰宜紀氏の日前宮と和歌山の歴史の講話。
神谷会長からの龍馬プロジェクト趣旨説明。基本政策「国是十則」を紹介し日本をめぐり国家ビジョンを考える
同志を集め国政を変える必要性を訴えた。

19時半から懇親会21時終了。その後白浜移動。

3社の報道陣が取材し、7月29日和歌山新報掲載。8月1日和歌山特報掲載されました。

7月29日和歌山新報記事→http://ryouma-project.com/images/media/20120808_wakayama_b.gif

文責:関西ブロック 丹羽直子

PAGE TOP