龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2012.02.27
  • イベント報告

中国ブロック 山口キャラバン(2012.1.26開催)

中国ブロック 山口キャラバン(2012.1.26開催)

中国ブロック 山口キャラバン(2012.1.26開催)  文責:中国ブロック長 伊藤央

1月26日(金)、山口県防府市において「山口キャラバン」を開催しました。
龍馬プロジェクトからは、神谷会長ほか18名のメンバーが参加し、
新山口駅に集合した一行は維新胎動の地、萩市・松陰神社に向かいました。

正式参拝した後、龍馬プロジェクトの主旨に共感いただいた宮司のお計らいで、
松下村塾の中に入れていただくことに。松陰先生の思い、志士たちの志について講義を拝聴しました。

012601.png

メンバー一同、「俺たちがやらねば」という思いを更に強く固めることが出来ました。
松陰先生、高杉晋作らの墓参の終え、萩から一路防府へ。

いよいよ、キャラバン開始。
5名の地元議員、政治家志望の方、約30名の経営者の方などにご参加いただき、
龍馬プロジェクトメンバーを含めると50名以上での開催となりました。

012602.png

伊藤の主旨説明、龍馬メンバーの紹介の後、神谷会長が発足からこれまでの経緯、
今後の展望、思いを熱くスピーチ。

012603.png

質疑応答の後、懇親会。
龍馬メンバーが各テーブルに分散し、地元議員、経営者の方々と積極的に交流を図りました。

今回のキャラバンでは、龍馬プロジェクトの主旨には理解を示すものの、
共に行動しようという思いに至っていただける地元政治家の方はおられませんでした。
参加を希望されていた首長、議員で、当日の都合がつかなかった方々もおられましたので、
接触を図っていきたいと考えています。

一方、経営者の方々の中には、強く賛同してくださった方々がおられ、
山口県での展開を積極的に考えていく気運が高まりました。

現在、中国ブロックはメンバー数も少なく、思ったように活動が広がっていない状況です。
空白地の島根県はもちろん、中国ブロック長として中国各県へのアプローチを積極的に図って参ります。

最後に、当日の拙い設営をお詫びと、遠方よりご参加いただいた同志の皆様への
感謝と申し上げ報告とさせていただきます。

文責:中国ブロック長 伊藤央

PAGE TOP