龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2011.12.22
  • イベント報告

龍馬プロジェクトシンポジウム 〜救国のビジョンを考えよう〜 (2011.12.18開催)

龍馬プロジェクトシンポジウム 〜救国のビジョンを考えよう〜 (2011.12.18開催)

龍馬プロジェクトシンポジウム 〜救国のビジョンを考えよう〜 文責:南出賢一

12月18日(日)に龍馬プロジェクト関西でシンポジウムを開催しました。テーマは「救国のビジョンを考えよう」。

たくさんの一般の方にもお越し頂き、色んなことを共有できたことは本当に嬉しいことです。
また地元からも数名の仲間にお越し頂きました。

1.jpg

講師には京都大学の藤井聡教授(都市社会工学,公共政策論,国土計画論等)と関西大学の宗岡徹教授(会計)をお招きし、日本が直面する危機、問題点(首都直下型地震、デフレ等)を明確に問題提議をし、なぜそうなったのか、どのように対策を講じるべきか、そしてどう実行すべきかを、会場にお越しの方々と意見交換をしながら議論が進められました。

藤井先生からは、新幹線整備等良質の公共投資の必要性。メディアの報道に含まれる嘘。中央集権の必要性と地方分権のバランスの問題、リスク分散等々、真実に基づいた政策ビジョンを、建設的理論的に、やる気になればできるんだ!と熱く語っていただきました。

例えばデフレや生活保護等、地域で活動していると、やればやるほど国の制度や政策が変わらなければどうしようもないことがたくさんあることにぶち当たります。

しかし、そこで諦めていては何も変わらないですし、日本丸という船の中に泉大津があることを考えると、泉大津だけがよくなるということには限界があります。

だからこそ、(世界の流れや)日本という大きな枠組みから泉大津を考え、行動することを心がけています。

このような考え方がごくごく普通に理解される土壌づくりをこれからもやり続けます!

シンポジウムの模様はユーストリームでご覧になれます。→

(第一部 藤井先生講演) http://www.ustream.tv/recorded/19218349

(第二部 パネルディスカッション) http://www.ustream.tv/recorded/19219607

非常に有意義な内容ですので一人でも多くの方にご覧になって頂ければと思います。文責:南出賢一

PAGE TOP