イベント報告

  • 2020.01.27
  • イベント報告
  • 関西ブロック

関西ブロック研修 (日程:2019.12.19) 文責:中谷謙二

12月19日、龍馬プロジェクト全国会の関西ブロック研修会を泉佐野市にて開催いたしました。

 今回は主に議員、行政職員を対象として講師にジャーナリストの篠原常一郎氏をお招きして「外国人の受け入れを考える」をテーマに研修をおこないました。

 訪日外国人客数は3100万人を突破し、ここ数年の訪日外国人客数は右肩上がりに推移しており、また外国人労働者の受け入れを強く進めており日本で生活する外国人の数が毎年増加している。
外国人移住者数国別ランキングで日本は2017年発表時点で世界第四位の流入数である。

 現在、自分たちの町でも観光や労働、留学と様々な目的で日本に訪れている外国人の方と接する機会が増えていると思います。

 私たちの多くは、せっかく日本に来てくれたのだから日本を好きになってもらって帰っていただきたいとおもてなしをされていると思います。

 しかしながら一方で、諸外国の例を見ると、外国人による犯罪や政治工作が行われていることもあります。
外国の一部勢力がどのような形で犯罪や政治工作を仕掛けているのかを元日本共産党国会議員秘書で豊富な経験と知識を持ち合わせていらっしゃる、篠原常一郎氏にお教え頂く貴重な時間となりました。

民泊問題の話しに始まり白タク営業の抜け道、外国人留学生の水増し、実態のない語学学校、中国人不動産など国内の実状からロシア中国、韓国、北朝鮮など近隣諸国に関する様々なお話、チュチェ思想流の革命による日本は日本人だけのものではないという日本分断活動や、参加メンバーが在職する自治体が抱えている懸念される個別の案件に対する注意すべき点など、篠原常一郎氏でしか知り得ない貴重な情報を参加メバーで共有することが出来濃密な時間となりました。

 今後も、龍馬プロジェクト各ブロック事業等で篠原常一郎氏がご講義される機会があると伺っております。
ぜひメンバーは参加する機会を作っていただきたいと思います。

文責:関西ブロック長 中谷謙二 《和歌山市議会議員》

最新の活動報告