龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2014.07.11
  • イベント報告

PPP/PFIセミナー~未来にプレゼントする仕事~(日程:2014.07.04) 文責:佐藤丈晴

PPP/PFIセミナー~未来にプレゼントする仕事~(日程:2014.07.04) 文責:佐藤丈晴

PPP/PFIセミナー~未来にプレゼントする仕事~(日程:2014.07.04) 文責:佐藤丈晴

これからの自治体経営にとって、大きな政策課題となる自治体資産をどのように有効活用していくか、
どのように住民を巻き込んで考えていけば良いか、『PPP/PFIセミナー~未来にプレゼントする仕事~』を、
株式会社五星パブリックマネジメント研究所の天米一志所長、
長野県小布施町立図書館『まちとしょテラソ』の花井裕一郎初代館長を講師に、
グロービス大阪校をお借りして開催しました。

関西一円の地方議員、これから出馬をする予定の候補予定者、学生約20名で開催し、
短い時間でしたが、充実したセミナーとなりました。

0704.jpg

まず、天米氏より、PPP/PFI概論としてお話をいただき、PPP/PFI事業の本質は何か、
これまで全国で展開されている事業の課題は何かをお話しいただきました。

0704701.jpg

様々な事業の事例をひも解きながらお話しいただき、「目から鱗」というより、
根本的にPPP/PFI事業を理解することができました。

また、近年注目されつつある自治体資産の証券化の話は、参加者から積極的に質問が出されるなど、
興味深い内容もたくさんありました。

花井氏からは、ご自身の経験から『まちとしょテラソ』が創造した「図書館まちづくり」についてお話しいただき、
花井さんが取り組まれてきたこと、小布施の町民が取り組んだことを詳細にお話しいただきました。

070402.jpg

特に、花井さんが心がけている「ないのに、ある。VSあるのに、ない。」という視点での取り組みは、
様々な気づきを与えていただき、「まちを元気にするわくわく演出マネジメント」で、
まちを居心地の良い空間にデザインしていくことの重要性を教えていただきました。

カリスマ的に見えるお二人の講師ですが、いずれも主役はご自身ではなく、住民という視点。

これからのまちづくりを考えるうえで、大きなヒントをいただいたセミナーとなりました。

070403.jpg

(文責:佐藤丈晴 政調副会長)

PAGE TOP