龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2013.04.02
  • イベント報告

関西ブロック 第11回関西龍馬塾(開催日:25.2.19)文責:比嘉

関西ブロック 第11回関西龍馬塾(開催日:25.2.19)文責:比嘉

関西ブロック 第11回関西龍馬塾(開催日:25.2.19)文責:比嘉

日本銀行の大阪支店の副支店長 長野氏をお招きし、
「日本経済の来し方、行く末」と題して講演頂きました。

講師.jpg

アベノミクスで日本銀行の名前が出ない日はないほど、
日本銀行の動きが注目されていたこともあり、
多くの方にご参加頂けました。

※内容を抜粋

——————————————————

一般論として、

景気の先行指標であるアメリカの失業率を見ると、
リーマンショックで上がってしまった失業率が、
3分の1ほど戻ってきている状態。
このまま回復するまでに一般的に2年と言われている。

失業率が回復する過程で日本の経済はプラス効果となるため、
その波を上手く使って、日本も回復していくことが一つのポイントである。

逆に言うと、日本に残されたリミットは2年とも取れる。

その為には、安倍首相が掲げた3本の矢を同時に実行することが重要。
1本だけでは難しい。

政権交代や首相が交代すると、日経平均が上がるのは、
過去にも起きているため、今の状況を楽観視するのではなく、
3本の矢を各界が力を合わせて実施していく必要がある。

気合いを合わすことが出来れば経済は回復できる。

——————————————————

受講風景.jpg

今回、とても印象的だったのは、
長野氏は本当に気さくな方で、誰とでも同じように応対されること、
そして、日頃から、多くの企業や経営者の方とお会いされておられ、
小さな町工場の話などもあり、非常に精力的に行動されておられていることでした。

見習うべき点がとても多く、
人としてのあり方について、勉強させて頂いたような気がしました。

PAGE TOP