龍馬プロジェクト

イベント報告

  • 2010.11.15
  • イベント報告

11月7日 熊本キャラバン

11月7日 熊本キャラバン

11月7日(日)熊本でキャラバンを開催しました。
当日の模様は、大分市議会議員小野仁志からの報告です。

・・・

全体風景

今回は九州で3回目のキャラバンとなる、熊本キャラバンです。
九州の龍馬プロジェクトメンバーと言えば福岡、佐賀、大分と北部に集中していたので今回のキャラバンで、
なんとか南九州のメンバーを拡大したいというそんな思いがありました。

まったく手探りの状況から、西日本の組織担当副会長である倉掛市議と何度か熊本へ足を運び、いろんな方々とお会いさせていただくなかで、 私自身としても、これまでのキャラバンとはまた違う意味で思い入れのあるキャラバンとなりました。

当日は地元熊本の方々をはじめ、宮崎や佐賀、大分、さらに霞が関からも来てくださった方もいて、多忙な中、はるばるやって来てくれた役員、 メンバーの方々も含めて20数名の方々の参加で開催されました。

挨拶

冨安九州ブロック長のあいさつの後、参加者の皆さんの自己紹介と、ひとりひとりの思いを聞いていく中で、
この熊本キャラバンに集まった皆さんが九州ブロックにおいて大きなチカラとなってくれる、
そんなメンバーが集まっているのがわかりました。

プロジェクトの軌跡をDVDで見てから神谷会長のからの龍馬プロジェクトについての話で、私自身、一番印象に残っているのは 「今やらなくていつやるんだ!!」という話でした。

神谷挨拶

神谷会長の話には、毎回心を動かされます。
そして前回参加したキャラバンから今まで、自分が自分に嘘をついていないか?
そんな自問自答が始まります。

そして
「まだまだやれる! いや、やらなきゃいけない!」そんな気持ちにさせられます。

神谷会長の話の後、参加者の皆さんとの意見交換では、私が参加したキャラバンと比べてみてもちょっと雰囲気が違って、 後ろ向きな意見は無かったように思います。

むしろ
まさに今、混迷する日本政治の中でこの龍馬プロジェクトが一筋の光とるべく行動していく中で「それはマンガや、ドラマや、映画にあるような、 そんな話だ」そう思われたとしても、それでもそこに向かってマジでやる!
できない理由を考えるんじゃなく、まずできることをひとつずつやっていく!
実際昔の人はやってきたわけだし、自分達もやる!

そんな意思を共有できたのではないかと思います。

そう考えると、ここで出会った仲間を探す過程において参加者の皆さんに声をかけていく中、 そこに関わってくださったみなさんに本当に感謝です。熊本で新しく出会った、頼もしい仲間とこれからこの九州ブロックを、 活性化させていかなくてはなりません。

鈴木挨拶

意見交換の後の、鈴木英敬 総合戦略本部長による統一地方選の対応についての話でも「何をやるのかも大事だけど、誰とやるのか?」 そんな話がありました。非常に心に残っています。

政治の「せ」の字も知らないまま、この世界に飛び込んだ私ですが、実際いろんな政治家を見てきた中で、このプロジェクトのメンバーほど、 本気で動いている人を見たことありません。

きっと皆さんも同じだと思います。

「この仲間達とやらなくて、誰とやるのか?」
そして神谷会長が言った
「今やらなくて、いつやるのか?」

この言葉をしっかりと受け止めながら熊本キャラバンで得たものを、これからの活動につなげていかなくてはいけません。 熊本で燃え上がった炎を決して絶やすことなく、九州ブロックを盛り上げていきたいと思っています。

懇親会

さて
最後に懇親会ですが、桜庵さんのおいしい料理をいただきながら、皆さん意気投合したところです。

車で大分に帰らなくてはいけないので、お酒を飲めませんでしたが、今日は本当に飲みたいなと、これほど感じたことはありません。 みなさん本当にありがとうございました。

懇親会2

熊本キャラバンについての報告は以上であります。

(文責: 小野仁志 大分市議会議員)

PAGE TOP